おすすめの着付け教室厳選5選をご紹介!【町田・相模原エリアの口コミでも評判の着物の講座で着付けを習得!】

着付け教室に通うメリットとは何?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/19

明治神宮や浅草寺などの著名な神社に行く際、普段着よりも着物を着ると上品で特別な雰囲気を演出できます。ただ演出はできるといっても、実際に着付けをすると難しいことがたくさんあるのです。

そんなときには着付け教室に通うとよく、着付け教室は着方を学べるだけでなくいろいろなメリットがあります。

着物の楽な着こなし方がわかる

着物を着る行為自体は、着物教室で習わなくてもインターネットや写真付きの本を見れば説明文付きで載っています。もちろんこう言った情報源を基に着ることはできますが、ただ注意しなければならないのはネットや本で見ただけで正確な方法が実践できるとは限らないということです。

たしかに番号順に手順を割り振られていますが、人間は見ただけの情報を正確に実行できる確率は意外に低いといえます。そのためネットや本を見ただけで実行できると思った人の多くが、実際に独学で着付けを起こすとネットや本で書かれているような状態になるのは少ないためその後着付け自体に苦手意識を持ってしまい今後着ないことも起こるのです。

そのような状態にならないために着付け教室が存在していて、着付け教室ではまず本で書かれている通りに基本的な着物の着方を享受します。ここまでなら本やネットでもおこなえることですが、着付け教室ではそれ以上のこともおこなってくれるのです。

それは楽な着こなし術であり、実際に着物を着た人の多くの悩みが着た後に窮屈と感じたり動くと着崩れるなどの悩みに直面します。着物教室の先生は適切な知識を持つことで楽な着こなし術をおこない着崩れや窮屈を予防しているのです。

この楽な着こなし術を学ぶことができれば、窮屈と着崩れを予防できるので楽な形で着物を楽しむことができます。

細かい着物用語やマナーなども学べる

着付け教室は着物の着方や着崩れ防止法を学ぶところではあるのですが、それ以外にも細かい着物用語やマナーなども学べるのです。着物は実際に着用する着物以外にもいろいろなものが必要ですが、草鞋を履いて靴擦れを起こさないための足袋や腰に巻いて固定する帯までは誰でもわかりますが半衿や衿芯といった一見読み方や使い方がわからないものがたくさんあります。

本やネットで調べられますが、それでは上品なイメージとかけ離れてしまうため、着付け教室で読み方や意味そして使い方を学ぶことができれば、お店に出向いたときに上品なイメージのままやり取りができるようになるのです。

そして肝の用語だけでなく、一番学びたいと思うのがマナーです。着物のマナーは最も大事なポイントで、これを正確に実行しないと、見た目がかっこ悪くなるだけでなく着崩れを起こしてしまい着物が使いづらいものになってしまいます。

例えば歩き方や座り方だけでなく、車や電車に乗るときの姿勢やトイレの仕方などを学んでおけば、何度でも最初の理想の形に治すことができるので着崩れすることなく上品なイメージを保つことができるのです。

着物教室に通うことで交流が増える

着物教室に通う理由は着方と用語説明そしてマナーを学ぶことですが、通うことで得られるメリットはさまざまな人たちと交流ができるという点です。例えば貿易会社で働いている人にとっては、物流の量が増えればそれだけ利益を上げることができます。

そのためにはいろいろな業種の人たちと交流を持たなければならないですが、当然ながら何かしらの接点がないときっかけ自体が生まれないです。この着物教室に通うメリットとは、このきっかけづくりができるという点になります。

着物は日常使いだけでなく、基本的には冠婚葬祭といったイベント時に着用するものです。そのため各企業の重役は、必ず着物教室に通って企業イメージを底上げするために習いに来ています。

そこで着物教室に通って正確な着物を着用できるスキルを学ぶことができれば、その教室内で同じものを習っているという仲間意識は必ず接点になるのです。

もし教室で接点ができなくても着物を着ることができれば、冠婚葬祭などのイベント時にきれいな着物の着用ができていれば見た目のイメージが良いので話しやすいイメージとつながりこれも接点につながります。このように着物教室に通うことによっていろいろな人たちとの交流が盛んになり自分にとってプラスに働くのです。

 

着物を着る機会は少なくなっていますが、それでも成人式や神社仏閣に行くときそして冠婚葬祭などのときには着る機会はあります。ただ着物は着る事態も難しいのですが、それ以上に着た後のマナーや所作の知識を有していないと、着崩れを起こしたり品格が落ちる行為をしてしまいがちになるのです。

そこで社会人になったときに着物を着る機会が多いと感じたときには迷わず着物教室に通って、着る方法だけでなく所作やマナーを伝授してもらうことによってイベント時に恥にならないようにすることができます。

サイト内検索