おすすめの着付け教室厳選5選をご紹介!【町田・相模原エリアの口コミでも評判の着物の講座で着付けを習得!】

男性専門の着付け教室はある?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/10/17

着付け教室というと女性が通うイメージがありますが、男性でも着物を自分で着たいという人はいます。

女性の生徒が多いところだと通いにくいという場合は、町田・相模原で男性専門の着付け教室があれば男性も通いやすいです。

 

おしゃれな男性の着物が増えている

着物を着る機会はあまりないという人は多いです。

しかし、お祭りやイベントのときなど着物で出かけるのはおしゃれだと思われることもあります。

近頃では手頃で高品質な着物もあるため、ファッションとして気軽に着ることができます。

普段着としてカジュアルに着られるように、お手入れも簡単な自宅で洗えるものもあります。

シワにもなりにくく、摩擦や水に強いので雨の日でも着て出かけられます。

季節によっては暑くて大変なのではと思う人もいますが、5月から9月に着るときには単衣といって裏地のないタイプになります。

その時の天候や気候によって、洋服と同じように臨機応変にできます。

柄も無地からさまざまあるので、自分の好みに合わせて選べます。

1枚の着物を身にまとって帯を締めるだけでワンランク上の大人の装いになります。

小物は何を選んだらいいか分からないという場合は、フルセットで購入できるところもあります。

慣れてきたら小物をアレンジすると、よりおしゃれに着こなせます。

コーディネートも自分次第で大きくイメージが変わります。

 

男性の着物の着付け方法について

男性の着物は女性に比べるとシンプルに見えるかもしれませんが、帯の結び方1つをとっても定番の貝の口から一文字、神田結びなどさまざまあります。

それでも女性よりも簡単なので、何度も着ているうちに慣れるので難しいものではありません。

ポイントは背中線と言われる背中の縫い目で、衿元のズレと裾線のズレがない状態にすることです。

女性と違い着物は身長に対してピッタリの寸法なので、羽織って体の前で合わせて腰紐で固定するという流れです。

自分用に仕立てた場合はいいのですが、古着などを着る場合は寸法が合っていないことがあります。

巻き付け過ぎたり幅が足りないことがあるので、購入するときには気を付けた方がいいです。

また、洋服に慣れていると腰紐をウエストの位置ですることがありますが腰骨の位置にします。

腰紐をしたら、周辺がシワにならないようにしっかりと伸ばします。

おしゃれに着こなすコツとして、前合わせをする部分を最後に少し持ち上げると裾細りになりスマートな印象になります。

 

町田・相模原の男性専門の着付け教室

男性の場合は着付けが簡単といっても、着付け教室に通うことで、より綺麗に着こなせるようになります。

町田・相模原で男性専門の着付け教室に通うことは難しいです。

しかし、着付け教室の中の講座に男性向けのものがあります。

講座によっては、扇子や信玄袋、ショールなどを使ってコーディネートを勉強できるところもあります。

通常の講座なら2回から3回程度で着付けを学べます。

初心者でもそれだけ受講すると着付けをマスターできます。

指導方法は着付け教室で違い、個別教室もあります。

着付け教室といっても何回も通う必要がないので、仕事などで忙しい人でも利用しやすいです。

着付け教室で学んでから着物を購入したいという人には、レンタルをして受講することも可能です。

また、講座によっては女性に着つけるために学ぶことができたりします。

自分で着られるようになるだけでなく、家族の着付けができるようにもなります。

夫婦で参加できる着付け教室もあるので、夫婦そろって着物で外出できるなどの楽しみもできます。

 

おしゃれな着物が増えている中、普段着で楽しめるようになりました。

しかし、自分で着られないという人は多いです。

2回から3回ほど、町田・相模原の着付け教室に通うだけで着られるようになるので、着物を普段からか着たいなら通ってみる価値はあります。

サイト内検索